しばしの別れ

あと数日でしばらく茅ヶ崎を離れるので、その前にといつもの寿司屋に向かった。

もちろん札幌にも旨い寿司屋はあるのだろうが、高い上に多くがコース仕立て。好きなものをお好みで食べたいのだが、私の懐で賄えるような店にはまだ出会っていない。

その点、こちらの店は長年通っていることもあるが、気さくな親父と会話をしながら好きなものを好きなだけ食べて、それでいて私の財布にもそこそこ優しいのがありがたい。

てなわけで、しばしの別れの挨拶を兼ねて訪れた。

てな事で、いつものように刺身の盛り合わせからスタート。

この日のお勧めは生の水ダコ。早速それも盛り合わせてもらって食べてみたが、普段食べている茹ダコとは食感が全く別物で驚いた。

ついでに貰った吸盤も歯がサクッと入って見た目とは大違い。

酒も適当に進んだところでそろそろ握ってもらうことに。

この日は隣の人が食べているのをみてアジから始めた。普段はあまり食べないが、この日のアジは多分ちょっと寝かせたもののせいか旨みがしっとりとのっていて予想通りのうまさ。

次は珍しくもイサキがあったので注文、時期的にはまだ走りなので炙って出してくれたが、こちらも独特の磯臭さが旨かった。

あとはいつものように其々好きなものを握ってもらい、いつものように巻物で〆。

こんな感じで気楽にカウンターで食べることができる寿司屋、それも懐に優しい個人店を何とか札幌でも見つけたいものだが、さてどうなることやら。

なまじ札幌だけに回る寿司屋のレベルが高すぎるので難しいかもしれない。

⬇︎ ポチッとお願いします。ご協力ありがとうございます。

男の料理 人気ブログランキング - 料理ブログ

湘南情報 人気ブログランキング - 地域生活(街) 関東ブログ